忍者ブログ

Mellow Sound

柔らかで、温かい気持ち

[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴスペルライブのアナウンス

日曜日は名古屋の栄、オアシス21でゴスペルのイベントに参加します。

お近くの方はぜひどうぞ~。

買い物のついでにふら~っとね。

無料ですから(笑)

そそ。亀渕友香さん、ゲストですよ♪

(チビッ子ママはNHK教育でお馴染みですね~)




ゴスペルの触れ

「祈り」について考えています。

だって・・・。

あたしたちは日常の中で日々何気なく祈ってる。

成功を祈ったり

無事を祈ったり

頑張ることを祈ったり

本当に改めて考えてみると、1日に何度も祈ってる。

その矛先(?っていうのかな・・・)については

考えたこともなかったけれど。



出逢いは必然。

あの時にゴスペルに出逢えていてよかったと思ってる。

日曜日のライブがそんな出逢いとなる人が

一人でもいるといいな。

そして巡り巡ってあたしとも出逢えると嬉しいな。



クリック



PR

必要な存在

沢山の温かいコメントをありがとうございました。

食べられない日が2日続いたのですっかり体力を無くしていましたが

今日は元気に復活してます。

急に暑くなったので、クラクラして昼寝はしましたけど(爆)




ママさん迷たちは、夏休みが始まりましたね~(@◇@;) 

あたし的には、パートが基本休みになるので

ちょっとのんびり出来るなぁって感覚だったりします。

まぁ。。。。。。コドモはうるさいですけどね(苦笑)




突然襲った夏風邪の前日、金曜日はgospelの日でした。

この日の曲は

♪I Need You To Survive♪

最初の歌詞は

I need you , you need me

普段こんなことを言い合ったりしないけれど

I need you

この言葉を伝えたい人は沢山います。

You need me

こういう存在でありたいと切に願います。



このウタの最後の方に

I won't harm you with words from my mouth

というフレーズがあって。

一度発した言葉は決して消えて無くなることはなくて・・・。

言葉も立派な凶器になることを

絶対に忘れてはいけないと思ってる。

言葉を持つ、ヒトとして

言葉に責任を持つことを本当にいつも忘れてはいけないと思ってる。

あたしにも

時を経て、まだ痛むフレーズがあるから。

出来る限り・・・。

それは悲しいかな。出来る限りとしか言えないけれど

言葉で傷つけることはしたくないと思う。



Jerryとあたしは

スターとファンという存在でしかないけれど

スターをスターとして存在させる唯一の存在は

そのファンの一人一人。

だから・・・・ね。

I need you そして you need me

これは成り立つよね。

うん。

Jerryにはあたしたちが必要ってことだよ(笑)

そしてさ。

必要とされるにはそれなりの努力は必要ってことだよね。

もちろん彼にとってはステージは仕事だから

そういう努力も必要だけれど。

お互いを大事にし合う気持ちをさ。

絶対に忘れてはダメだと思う。


よく雲隠れ的に(爆)いなくなっちゃうJerryだけど

必ず「ファンを裏切らないよ」

こうやって言葉にしてくれるから

安心していられるのかもなぁぁ。

あぁぁ。やっぱり好きだなぁぁ(笑)



って。また相変わらず支離滅裂だし(汗)

因みにこの曲は

9・11絡みで作られたものらしいです。

一緒に立ち上がって生きていこう

大切だから生きて欲しい

そんなメッセージを伝えるウタです。

良かったら聴いてみてね


ココ














ドラム教室とM4Uライブ

昨日は教会でのドラム教室3回目にして最終回(笑)

8ビートにフィルを入れて、曲と合わせてみよう!!が課題。

しかも、弾いてくれたは、ここにもよく登場する

gospel教えてくれるMさん。

M4UのMさん!!!

何て贅沢~。

「Oh Happy Day」はあまりに有名な曲だけれど

自分自身が歌ったことがなく、曲の構成が分からないままに

本番を迎えてしまったことが残念・・・。

その後、先生でMさんのダンナさんに特別に

16ビートと8分の6拍子を教えてもらう。

バスドラムの打ち方に課題を残したけれど

本当に楽しくレッスンを終えることが出来ました。



夕方からはM4Uが出演するということで、G市へライブへ。

何故、こんなにgospelにとりつかれているか?

この日のライブでも会場が一体化する

そんな曲があったんだけれど・・・。

そういうところだと思ってる。

その一瞬でも、気持ちが一つになれることが最高に心地いい。

神様はまだあたしの中では絶対的なものではない。

ただ、矛盾するようだけれど

昔から、こうして悩みにぶつかると

祈りにも近い気持ちで自分の進むべき道を探ってたんだよな・・・。

今も同じように、悩んでいるけれど

まるで、首の牽引のように、グイっと上を向かせてくれる友達や

さりげなく手を握っていてくれる友達や

遠くから、ガン見しながら(笑)応援してくれる人や

そんな人たちがいることに感謝しています。




楽しい土曜日でした。



PS:ひとつ前の記事を消してしまってごめんなさい。









LEAN ON ME

前回のgospelの課題曲は

♪LEAN ON ME♪

直訳すれば、私を頼ってください。



あたしの近しい人は、

「自分の知恵や知識を他人に分け与えてはいけない」と力説するけれど

あたしはそうは思わない。

確かに、自分が得た知識を鼻高々押し付けたりすることは

どうかと思うけれど

例えば、勉強でも、仕事でも、主婦としてのやりくりとか(笑)

どんなことでも、お互いが与え合っていく方が

よっぽど自分の知識も向上すると思うんだけどな。



だって。

共有しないこと。それは「自己中心」な考え方だよね。

自分にさえ有利にコトが進めばいいっていうさ。

自分だけが先生や、上司や、友達に認められたらそれでいいっていうさ。



って、ちょっと、タイトルとは離れたな(笑)


とにかくね。

こんなあたしでも、頼ってねってことだよ。

絶対に偽りの姿は見せないから。

ありのままでいるからね。



原曲は英語なのですが、すごく素敵な訳詩をつけてくれています。

一部を紹介します。


LEAN ON ME   lyric by M4U


全て失い あてなくたたずむ
消えてく青空に 彼の叫び声が響いてる
孤独でたよるあてもなく
ただ嵐がやむのを祈る
見ないふりをやめて 心を開いて

涙流す君のそばで 呼べばすぐに飛んでいくから
倒れても抱きとめて この肩貸してあげる


I am here
you don't have to worry
I can see your tears
I'll be there in hurry
When you call
Friends are there to catch you when you fall
Here's me shoulder you can lean on me








give thanks nagoya 2007

「何かをしたから与えられることではなくて

何もしなくても与えられることを恵みといいます」

これは、土曜日に行われたゴスペルのイベント

「GIVE THANKS NAGOYA」で、とある牧師さんが言われた言葉。


「いてくれてありがとう」

これは、同じイベントで、いつもあたしにgospelを教えてくれる

プロダクションの代表でもあるMさんが言った言葉。



辛い日々が続いていた。

誰にも・・・・

心配して声をかけてくれる友達にも何も言えなかった。



「何も言わなくてもいいよ」


凄く救われたんだ。

これはあたしにとって何よりの恵み。

何かを提供したわけじゃない。

それどころか、心配をかけて、その上心を閉ざしている

この自分に降りかかった恵み。



♪give thanks♪

感謝のキモチ


このイベントを聴きに行ってよかった。


いつも、あたしの側にいてくれて本当にありがとう・・・。


HOME 次のページ

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

what time ?

saraへのメールはこちらから♪

☆お気軽にメールしてくださいね☆

最新コメント

[12/25 s]
[12/07 life]
[12/05 yossy]
[12/04 yaoyao]
[11/12 s]

プロフィール

HN:
sara
性別:
女性
趣味:
F4☆gospel☆LIVE

バーコード

ブログ内検索

最古記事

カウンター

アクセス解析

BlogPet

忍者ブログ [PR]
Template by repe